初めてのお客様へ

初めてのお客様へ

1955年創業の(株)青芳は金属加工の集積地である燕市に本社を置く、食器・生活雑貨の製造・企画・販売器業です。

輸出向けの金属洋食器メーカーとして創業しましたが、1985年円高で輸出1本の経営では難しくなり、生活雑貨を中心とした事業に切り替わりました。

同時に福祉用食器具の開発も始めました。福祉用具開発の理由は青柳会長(当時社長)が障害者の人でも上手にスプーンを使ってほしいという商売を抜きにしたい考えで制作していましたが、円高を機に事業として始めました。

当初は素人的な発想のスプーンでしたが、三菱重工様と共同開発した「形状記憶ポリマーカトラリー」の発表がきっかけとなりTVや新聞に紹介され飛躍的に知名度が上がりました。現在では、日本歯科大学様・新潟大学様などの大学や病院・施設と共同研究を進め、根拠ある製品開発に代わりました。

日本中でスプーン・フォークを作っている町は燕市だけです。
(株)青芳はこの町で障がい者や高齢者の為に使いやすいカトラリーをの開発を進めていきます。

ウィルアシスト オンラインストア
Willassist ONLINE STORE

シェアする

トップへ戻る